自動車学校について詳しく説明します
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
自動車学校へ通う前に
自動車学校って、どうゆうことをするところ?
を詳しく見ていきましょう。
自動車学校へ通う前に


自動車学校は、自動車の免許を取るために必ず
通う必要があります。簡単に言えば、
自動車教習所は、運転する知識を持つため、
安全に運転が出来るように教えてもらう場所です。
自動車学校は、勉強をするところ


公認は、保安委員会で認められた自動車学校のこと
をいいます。非公認は、保安委員会で認められていない
自動車学校のことです。ですが、非公認だからと言って、
ダメだとか、そういうわけではありません。
自動車学校の公認と非公認ってどう違うの?


ATとMTとは、車の種類をあらわしています。
ATは、オートマチック。MTは、マニュアルと読みます。
AT車の場合は、車の運転をする際、ペダルは、
アクセルとブレーキだけになりますね。
しかし、MT車になると、アクセルとブレーキの他に
クラッチというペダルがあります。
ATとMTって何?


平均で4か月くらいというように言われています。
比較的空いてる時期に自動車学校に行けば、
短期間で取得が出来ます。
テストで落ちてしまったり、1発で合格が出来ないと
それだけ卒業するのも遅くなってしまいます。
免許はどのくらいの期間で取れるのでしょうか?


どうしても時間が無い場合などは、合宿というのもがあります。
合宿は、2週間程度、自動車学校に住み込んで免許を取ります。
通学は、4か月以上かかって取得しますが、合宿は、
それを短期間で住み込んでやってしまおうというものです。
通学と合宿(長期間で取る方法と短期間で取る方法)


料金は、その自動車学校によってさまざまです。
しかし、大抵は19万〜40万程度だそうです。
中間テストや、修了テスト、仮免テストを受ける際には、
別途料金が掛かることろがほとんどです。
自動車学校の料金


第1段階の学科は、基本的なことを学んでいきます。
例えば、赤信号などですね。第1段階の技能は、
所内で運転の方法を学んでいきます。
交差点や踏み切りなどですね。第2段階の学科は、
法的な面から学んでいきます。
第1段階と第2段階とは?


全国の自動車学校を掲載!
通う前にチェックしましょう!
自動車学校の検索も出来ます
★★自動車学校の目安箱★★



| ichigo0021 | 自動車学校 | 08:48 | - | - | pookmark |
第1段階の項目

第1段階では
どんな内容の教習なのか
見て行きましょう。
第1段階の項目


まず、乗車する場合は、後方から車が来ないか、
必ず確認する必要があります。
発進は、イスの位置、ミラーの位置を確認します。
そして、シートベルトをして、ブレーキを踏んだ状態で
エンジンをかけ、チェンジレバーをD(ドライブ)にし、
ハンドブレーキを下げる。
乗り方、発進と停止


速度は、自動車学校内は最高速度30キロと決まっており
それ以上出してしまうと、教官に怒られてしまうので、
気をつけましょうね。徐行も必要になってくるので、
ちゃんと理解しておきましよう。
速度と走行位置


加速は、カーブを曲がった後と直進のときにします。
あまりスピードを出せない人もいますが、
思い切って出してみてください。そして目的地への
停車ですが、ゆっくりとした速度にするために、
徐行をして、目的地へと近づいていきます。
加速、目的地への停車


カーブは、カーブに入る前に一度ブレーキを踏みます。
坂道は、ハンドブレーキを利用します。
坂道の頂上手前に来たら、ブレーキをかけてとめます。
そして、ハンドブレーキを下げましよう。
ブレーキから、アクセルに足を置き換えて、
ハンドフレーキをおろしていきます。
カーブ、坂道


後退は、苦手にしている人がおおいようですが、
コツさえつかめば、全然大丈夫ですよ。ですが、
こればかりは、何度も練習することが大切です。
狭道は、自分がどの位置を走っているのかを
きちんと把握することが大切です。
後退、狭路


車線変更は、出来るだけ早く指示器を出しましよう。
30m手前で出すのが基本ですよ
早く後の車に知らせる必要がありますからね
事故防止につながります。
車線変更、障害物


標識と信号に従うということは絶対です。
守らなくては、事故に繋がります。
まず、標識です。標識はテストで一番多く出てくる
問題ですが、そこで間違ってしまう人も多いようです。
標識、信号


交差点は、一番難しいですね。右折する場合は、
右に車を寄せる必要があります。
それは、バイクや自転車の割り込みを防ぐため
なのですが、意外と難しいんです。私も、何度も
やっているんですけど、やっぱり難しいですね。
交差点、踏み切り


この装置は、"どんな役割をしているのか"や、
"どんな意味か"ということを知っておきましよう。
そうじゃないと、赤いランプが付いている場合など
分からなくなってしまいますよね。
装置の扱い


みきわめとは、テストのようなものですね。
いままでやったことをきちんと覚えているか?
をテストするためのものです。
内容は、交差点、S字、クランクなどがありますが、
それほど心配しなくても大丈夫ですよ^^
みきわめ


第1段階で難所とされているものです
クランクやS字は、本当に難しいですよね。
曲がり切れなかったり、曲がるタイミングを
間違えてしまって、ポールにぶつかったり、
乗り上げたり…
狭路の通行


どうしてもあたふたしてしまいがちな
通行位置の確認と進路変更を見てみましょう。
自動車学校では、自分だけが走っているのではなく、
他の人も初めて車に乗る人や、同じように、
緊張をしている人もいますよね。
通行位置の選択と進路変更


交差点は、色々な方向から車が来ますね。
そして、歩行者もいます。
まずは、安全第一で発進していきましようね。
正面の優先道路から、車が来ないか?を
確認する必要があります。
交差点の通行

| ichigo0021 | 自動車学校 | 16:24 | - | - | pookmark |
第2段階の項目

第2段階では
どんな内容の教習をするのか?
見て行きましょう。
第2段階の項目


さぁ、いよいよ路上運転です。今までは、所内だったので、
外に出ることは、とても緊張するものです。
ですが、時間が経てば慣れていくものなので、
心配しなくても大丈夫ですよ。路上運転で注意することは、
所内では無かった、歩行者がいること。
路上運転での注意


交通の流れに合わせた通行をする必要もあります。
道路を走っているのは自分だけではないので、
最初は、交通の流れに合わせた運転が出来るように
なることです。
交通の流れに合わせた通行


適切な走行位置、進路変更も大事になります。路上は、
所内と違って、一般的に道路の幅が狭くなっています。
自動車学校は、初めて運転する人が集まっているので、
安全なように、道路が広くなっているんですね。
適切な走行位置、進路変更


信号、標識に従った運転が必要になります。
所内では、数個くらいの標識しかありませんよね。
止まれ、徐行、線路などくらいしか、自動車学校には
ありませんが、一般道路にはたくさんの標識があります。
信号、標識に従った運転


交差点で一番気をつけないといけないことは、
事故を起こさないこと。どの道路でも、安全運転は
当たり前ですが、交差点は、事故の要素がたくさん
含まれているので、一層注意しなくてはいけません。
交差点の通行、歩行者の保護


道路交通とは何でしょうか?考えてみましょうね。
所内では、道路の渋滞はありませんでしたよね。
ですが、一般道路では渋滞することだってあります。
そして、交差点もありますね。
道路交通に合わせた運転


簡単そうで、難しいですね。まず、駐停車ですが、
家の近くで自動車学校の車を見るという人は、
たまに停車しているのを、みたことがあるのでは
ないかと思います。
駐停車、縦列駐車


教習内容で、急ブレーキがあります。どんなものか
見てみましょう。急ブレーキと聞いて、
一体何をするのかな?と思うかもしれませんが、
そのまんまです。まず、一般道路で急ブレーキは
危ないので、所内で行います。
急ブレーキ


いつ、どこから、人が飛び出してくるか分からないですよね。
もしかしたら、猫が飛び出してくることだって
あるかもしれません。そんなことを予知して運転する
必要があります。ですが、本当に人が飛び出してきたら、
とっても危険なので、ほとんどの自動車学校では
シュミレーターを使用して行います。
危険を予知した運転


自動車学校では、高速道路の教習もあります
ですが、高速道路が遠くにあった場合などは、
しないケースも多いようです。私の行っている
自動車学校は、高速道路が近くにあるのですが、
シュミレーションだけで終わってしまいました。
高速道路での運転


| ichigo0021 | 自動車学校 | 13:40 | - | - | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ